>

デメリットも忘れてはならない

資金サポートで生じるデメリット

ご自身で資金サポートを検討するという場合、経営を運営する場合の問題点などもご自身で判断し、乗り越えていかなければなりません。ご自身で考え、ご自身で資金の調達を考えている以上、そこで生じるデメリットも自身で戦略を立てる必要があります。また融資や借り入れの返済方法も検討しなければなりません。
例えば個人経営の企業でも、融資先の不渡りや未払金の発生などで企業経営の悪化を招く可能性があります。補助金や助成金などのサポートもありますが、すぐに利用できるかどうかは不透明です。
先の見えない経営となれば、金融機関やノンバンクからの融資や借り入れに関しても、そもそも受けられない可能性もあります。
つまり資金サポートをご自身で判断し、運営する自由がある分、そこで生じるデメリットも自分自身が受ける可能性が高いということです。

資金調達サポートの際のデメリット

資金調達サポートを受ける場合に生じるデメリットとしては、このサポートを受ける際に生じる点が多くあります。例えば、金融機関やノンバンク、会計事務所や経営コンサルティング企業にサポートを依頼する場合には、現在の企業の状態を明確に説明する必要があります。コンサルタントを行う以上、その企業の経営状態、借り入れや資産などは明確に把握しておく必要があるからです。
これまでうやむやにしていた部分も明確にしておく必要があるのです。場合によっては数年前のことも明確にする必要があるでしょう。こうした点ではデメリットとなりましょう。また資金調達サポートも無償ではありませんから、かかる経費もデメリットとなる場合もあります。ただし、経営に関しては専門家のサポートを受けられるわけですから、これ以上のメリットは無いともいえます。


この記事をシェアする