>

資金サポートの利用方法は十人十色

資金そのものをサポートして欲しい

資金サポートというと、例えば企業経営や起業の際に、その資金のサポートをすることが想像されることでしょう。その想像のとおり、資金サポートとは明確にコレという概念はありません。資金を調達することをサポートする作業や企業などを総称した表現なのです。
ですから極端な話、知人が起業する際にその資金や運営をサポートすれば、それはすでに資金サポートということでもあります。
そんな資金サポートには、大きく分けて2つの方法があります。1つは、資金そのものを調達するサポート方法です。これが一般的に理解されている資金サポートでもあります。資金そのものをサポートするわけですから、例えば金融機関への融資依頼、またノンバンクなどでの借り入れなどが該当します。

資金を含めた企業経営をサポートして欲しい

資金サポートにはもう1つ、資金調達自体をサポートする方法もあります。企業経営や起業の際の問題点を専門家が中にはいって一緒に考えてくれるというものです。この場合には資金調達そのものだけでなく、資金をどのように調達するのかというところも検討してもらうことができます。例えば、金融機関から融資を得るだけでなく、不良債権になる前に回収する等、自分達が損をせずいかに売り上げを伸ばすか等についてもアドバイスを得ることができます。
一般的に資金調達サポートには、税理士や会計士、また金融機関の融資窓口などでも受け入れています。その他にも経営コンサルティング会社やファクタリング企業などもあり、それぞれに資金調達方法やアドバイスが異なるため、企業経営の内容に沿って吟味することが大切です。


この記事をシェアする