>

利用することで得られるメリット

個人で資金サポートを受ける場合のメリット

例えば、ご自身で資金サポートを得ようと考えたとしましょう。起業の際などには、専門家のツテなどもありません。まずは起業に際して資金が必要になるということもあります。こうした時、まず自分で動かなければなりません。
金融機関やノンバンクでの借り入れなどでは、起業資金として融資や借り入れを受けることとなります。具体的に資金が手元に入ることとなりますので、使い方にも幅がでます。
起業の際には、例えば店舗設立や修繕、配管などの設備に費用がかかるほか、消耗品や店舗内の照明など、備品などにも費用は必要です。当初予定していた備品購入金額を上回るとき、手元に資金が無いと開店準備もままならないもの。
こうした際に、手元に入る資金があることで、急な経費に滞ることなく準備ができるメリットがあります。

資金調達サポートで得られるメリット

資金調達のサポート受けることで、今現在だけでなく、将来の経営すら視野に入れることができるメリットがあります。例えば、開店時だけでなく、1年後の経営を見据えた資金投入なども専門家によって分析可能です。
経営を続けているなか、どうしても資金調達が難しくなることもあるでしょう。赤字決算となる可能性があっても事前に予測し、資金回収を先行してトータルで赤字にしない。また融資が難しい環境の中でも融資先の紹介を受けられる等、企業経営を続けていくうえで力強いアドバイスやサポートを得ることができます。
もちろん資金調達サポートには、金融機関やノンバンクの融資、また会計事務所や税理士事務所、ファクタリングなど様々な種類があり、それぞれの専門分野によって受けられるメリットも少しずつ違いがあります。


この記事をシェアする